RFID工程管理の見える化(QuickNavi)

 

RFIDとは

RFID(radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電波を用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするものです。
非接触ICカードも、RFIDと同様の技術を用いています。
日本では、乗車カードや電子マネー、社員証などの認証用など色々な用途に用いられており、この技術を使い工程管理を見える化している製造業の企業様が近年増えております。

 

RFID工程管理にはこんなメリットがあります

  • RFIDを利用することにより、現場の作業者に負荷をかけることなく工程実績を収集が行えます
  • バーコードリーダーと違い、クリアーケースに入れたまま、タグの読取りが可能です。
  • 機械稼働データと連携すれば、いつ・誰によって・どの製品が製造されたか、現場の作業者が意識することなく、リアルタイムにデータ生成・管理します
  • 作業開始時にモノと一緒に流れてきた作業指示書(RFID タグ)を、RFIDリーダの上におくだけで、実績収集完了!
  • 作業終了時は作業指示書(RFID タグ)を、RFIDリーダから外しモノと一緒に次工程へ流すだけで、実績収集完了!