QuickNavi_imge

実績取集の主な利点

情報が取得できる →「リアルタイム」に「誰がやっても簡単に」
1.どの作業がどこまで進捗しているのか。
2.「誰が」「いつ」「何の」作業を行ったか。
3.設備の稼働率
4.作業者の稼働率

取得した情報で改善

  1. 遅れている作業に対して、対策を打つことで、対応を迅速に行うことができる。
  2. 次工程で進捗を踏まえた段取りをすることができる。
  3. 次工程で作業優先順位の変更などの対策ができる。
  4. 次工程から前工程の部品を探しにくる、完成予定を確認に来るなどの無駄な作業をなくすことでができる。
  5. 部品の出来高を把握することで無駄な在庫を削減できる。
  6. 実績・出来高を共有することで作業者もモチベーション・意識を上げることができる。