製番方式(個別受注生産方式)

UNIMEX2(.NET版)
製番見出し

製番単位、機番単位で管理します。受注・設計から製造BOMを基にマスター管理・手配・発注・工程・進捗・実績・原価まで、全てのデータを個別に管理します。
部品構成作成ではCAD・標準品・過去製品からの取込み、さらに設計変更履歴の表示で素早く手配につなげます。

製番方式

図解製番方式

◆業種・・・工作機械、設備機械、プラント製造などの製造単位で管理する製造業向け

製番管理方式で個別の原価管理まで標準で提供

1、製番方式の基本は、製造部品表をいかに早く作るかがカギとなります。UNIMEX2では、設計情報、標準構成、過去納入品からの取込、変更で素早く作成。
手配状況・進捗状況等、見たい情報が簡単に検索できます。

2、見積単価・協定品単価・実績単価の履歴、さらに決裁情報を表示することで、決裁ワークフローを支援します。

3、基準単価、見積単価、実績情報による積上げ原価の把握が可能。常に進捗実績原価を把握することで、採算のチェックを細かく行うことができます。